【次世代ワールドホビーフェア2019Summer】行ってきました

wbba.公認大会・イベント

タイトルの通り、次世代ワールドホビーフェア2019Summer行ってきたので、感想とか色々かいてみたいと思います。

まず、うちの子ども達は新幹線に乗るのが初めて、自分もプライベートで乗るのはおそらく小学生の頃ディズニーランドに連れて行ってもらった時以来なので行くと決めてからのこの2,3週間はワクワクソワソワしてました。

そして当日(6/29)、四時半に起きて、五時半に家を出て、米原駅から始発の新幹線(6:47発)に乗って出発。

子ども達は初新幹線を楽しみつつ、東京で乗り換えて海浜幕張駅に着いたらもう10時40分頃、そこから会場まで歩いたらなんだかんだで11時頃到着。

その時点で特に次男が疲れてた上に会場の音の大きさに圧倒されてもうグダグダ。

タッグのディアボロス撃破デスマッチの整理券だけわずかに残ってたようですが小学生は長男だけなのでタッグは出られないため、時間的に当然といえば当然ですがすでに参加できる事も無く、仕方ないのでまたぐるーっと遠回りしてグッズ販売の最後尾に行ってみるとなんと120分待ち!自分も家族もとてもじゃないけどそこから2時間も待つ気力も体力も無く、諦めて何もできずに会場を去りました。

自分の事前の情報収集不足が敗因ではありますが、何もかもが想像を絶していて心底絶望と後悔の念しかありませんでした。

しかし、一応ある程度次の案も考えてあったので『夕方からディズニーランドプラン』に切り替えて早々にホテルにチェックインして昼寝して体力回復してからディズニーランドに行きました。

ブログの主旨とは関係ないので詳しくはかきませんが、子ども達の初ディズニー、やはりあそこは夢の国ですね。ほんとに楽しめました。今回の旅で一番値打ちのある時間を過ごせたかなと思います。

とりあえず、この日の時点の2日目(6/30)のプランは2通り。『スカイツリー観光』か『WHFグッズ販売だけ再挑戦』かどちらかでした。

翌朝起きて長男に「グッズ販売だけ行くか?」と聞いてみると即答で「行く」と答えたので覚悟決めてもう一度WHF会場へ行くことにしました。

嫁さんと次男は海浜幕張駅に残して(ちなみに嫁さんと次男はアウトレットとか行ってたようです)、長男とともに会場へ。グッズ販売の方へ直行して着いたのが9時過ぎくらい、そして待ちの列は前日より長い。ですが、覚悟決めてきたとゆうかもう並ぶ以外の選択肢はないので並びました。並びに並ぶこと3時間ほどでようやく販売会場に入りましたが、ベノムディアボロス赤龍Ver.はすでに売り切れで、ロングベイランチャーLRゴールドは残りわずかでしたが無事買えました。あまりに並んだのでそれだけではこの時間がもったいないような気がして正直全然知らないんですが見た目のかっこよさでゾイドワイルドZW25ビーストライガーも買いました。後から気づいたらこれ先行販売なだけで待てば発売されるものみたいですね。

まぁなんとゆうか人生でこんな辛い思いして長時間待つとゆう経験が初めてだったんじゃないかと思うほどしんどかったこともあり、購入できたことに長男と二人で感動すら覚えてました。

できたらディアボロスも欲しかったですが、本命のランチャーが買えたので何よりでした。ディアボロスは通常販売の方を買おうと思います。赤龍Ver.買えた人の情報によるとウエイト一体型のチップがなかなか重くて良さげ、ディスクも使い方によっては期待できるかも、とゆう感じのようですね。

と、この時点で昼をまわっていたため、あとは東京駅に戻って、新幹線で帰ってきました。

結果的にまとめると、ワールドホビーフェアは遠征してまで行くもんじゃない、とゆう事がよくわかりました。もし行くなら前のりして、会場前早朝から並ぶくらいでないと、大会、イベントにしてもグッズ販売にしてもダメなんだろうと思います。この記事をどれくらいの方が見てくれているかわかりませんが、少しでも多くの方(特にベイブレード始めたばかりの方等)に来年(2020)以降の参考にしてもらえれば良いかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました